Sponsored Link





未分類

[トピック3] B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” ツアー中の進化「弱い男」

投稿日:

[トピック3] B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”

ツアー中に稲葉さんのMCが徐々にまとまって、わかりやすくなるなど、ツアーの日程の後半になるほど、ツアー序盤でのパフォーマンスが変化することは、ファンの間ではよく知られています。本ツアーでの代表格は「弱い男」のイントロ部でのパフォーマンスでしょう。その他にも、以下のような楽曲でツアー序盤からの変化があったと思います。

・「いつかのメリークリスマス」・・・クリスマスの福岡公演までアンコールの1曲目で披露される。
・「声明」の演説台で、水が入ったコップが置かれる(名古屋両日、東京ドーム1日目公演)。
・「愛しき幽霊」・・・ドームバージョンのみ、ご当地のマスコット、ゆるきゃらのグッズを抱きながら歌いました。
・「弱い男」・・・北海道ではサビ時に観客を写す演出もなかったと思いますが、イントロ部含め、大進化を遂げました。
・「フキアレナサイ」・・・間奏での掛け声で稲葉さんが、TAKをフィーチャーしだしました。序盤の会場では1回だけだったかと思います。また、福井公演以降、「Hey!」でなければTAKが歌うのを拒否する演出も追加されました。
・「King Of The Street」・・・北海道ではタオルをまわす演出が、まだなかったかと思います。
・「ultra soul」・・・イントロでサイレンのような音で始まりました。序盤の会場ではいつもどおりだったかと思います。

その他、最初の北海道ではスピーカーのカバーがない(Still Aliveのミュージックビデオと同じ形)状態だったような気がしました(気のせいでしたらすいません。)が、いつの間にか、いつもの「玲」のカバーがかけられました。


Source: B’zファン178blog

Sponsored Link





Sponsored Link





Sponsored Link





-未分類

Copyright© B'zまとめブログ , 2018 AllRights Reserved.